FXでのシステムトレード

FXの世界はとても奥が深いです。そしてたくさんの專門用語があり、なかなか覚えられませんよね。
その中の基本となるワード「スワップポイント」を少し説明したいと思います。

FXといえば為替差益のイメージですよね。でもこれ以外にも利益を出す方法があるのです。
それがスワップポイントです。スワップポイントは金利差調整分と呼ばれ、金利の差から生まれる利益のことです。

日本って低金利ですよね。
こういった低金利の通貨を売って高金利の通貨を買えばその金利の差額分を受け取ることができるんです。

スワップポイントはコツコツ型の「ちりも積もれば山となる作戦」がおすすめのようです。
もちろんリスクはありますがじっくりと状況把握しながら運用すれば、賢い取引の仕方なのです。
金利が高い国の通貨は新興国の物が比較的多いです。
先進国と比べて経済の発展がゆっくりした国で発展途上の国が多いのです。
なので注意としては、金利が高いからと言ってむやみに取引を行わない事です。
その国の通貨の取引数が少なければ少ないほど、大きくレートは上下します。

スワップトレードを行う場合はその国の状況やどの国に影響されやすいのかなど、しっかり調べる事が大切です。
豪ドル(オーストラリアドル)は初心者の方でも聞いたことがある方もいると思います。
この豪ドルも金利が高めになっているのでスワップトレードに適している通貨です。

FXを始めてみたものの、うまく利益が上がらないということに直面することもあれば、冷静な取り引きができない、また損切りもトレードでは大切なのですが、どうしてもそれができないなど問題を抱えてしまうことがあります。取り引きする金額が大きくなればなるほど、落ち着いたトレードができなくなってしまい、あたふたしてしまうこともあるものです。

そのような人たちが便利で利用価値が高いと認識しているのがシステムトレードです。このシステムトレードのメリットはFX取り引きを自動化してしまうもので、あれこれと考える必要がないということなのです。

システムにトレードをまかせてしまえば、実に簡単選ぶだけであり、寝ている間もトレードができてしまうのです。プロが作ったシステムですので、これを利用するだけでいわばプロのような取り引きができてしまうということになるのです。

簡単操作で後はコンピューターが勝手に取り引きしてくれるのでFXに関する知識がなくても大丈夫ということになります。気がついたらそれなりに利益が出ていたということも少なくないのです。

私は豪ドル円でトレードすることが多いのですが、必ずチェックするのは日足の環境です。
中には月足や週足もチェックする人がいるそうですが、あまりにも時間軸が大きいので滅多に見ることはありません。
日足で見るのは、大まかなトレンドで、上昇しているのか、下降しているのか、レンジなのかというところです。

今年からの流れを振り返ってみると、87円後半から下落が始まって80円付近まで落ちたところで、80円から85円辺りまでのレンジを形成します。
約5か月間続いた後に下にブレイクして、今度は78円から81円までのレンジになります。
さすがに下がり過ぎなので上に抜けてもおかしくないと思っていたところ、イギリスのEU離脱で72円まで下がります。

その後、81円後半まで戻る場面がありましたが、76円まで下がり、8月になってから今に至るまで76円から79円までの狭いレンジで動いています。
レンジであると認識して79円から売りをして76円で決済、76円から買って79円で決済するトレードをすれば儲かるという戦略を立てていました。
しかし、レンジではあるものの、ここ1週間は78円から79円までを行ったり来たりして、日足ではもみ合いのような状況です。
指標結果が良くても悪くても上限と下限に近付くと反転しているので、私はやりにくいと判断。トレードは様子見にしています。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>